LED照明│東京・埼玉・神奈川・千葉

LED照明について

照明を取り巻く環境が大きく変わり、今や新規設置はLED照明にとって代わりました。
既設の水銀灯や蛍光灯も徐々にLED照明に切り替わってきました。
水銀灯は製造中止、蛍光灯は数年後にこれも製造中止で、大手メーカーも一斉にLED製造にシフトしています。
灯具・ランプの種類も豊富になり、以前と比較すると格段に信頼性が増しております。

LED照明の草創期には、国産の製品は殆んど無く、海外からの粗悪な輸入品に手を出して大変な事になった事例が沢山ありましたが、現在はそのような粗悪品は少なくなったようです。

しかしながら、LED照明に切り替えたユーザー様からは満足していない声も聞こえます。
「電気代が業者の提示より下がらない」とか「導入時のコストが高すぎる」 「明るさが足りない」「色温度(昼白色など)が違う」と言ったことが、ネット上にも多く出てきます。

弊社では、皆様にご満足いただける低価格で、節電効果のあるLED照明入替の提案をしています。
信頼のあるメーカー品である事は勿論のこと、ご希望の明るさや色温度なども十分ご説明して機種選定を致します。ご希望があれば、一部器具を無料貸し出し致します。
現地調査からご提案・施工までワンストップサービスでご期待に応えます。

LED照明の疑問?

LED照明に入替の見積もりを取ったが、価格が高いので見送りにした。

全国のマンション管理組合で議題に上がりますが、多くの場合は価格に見合わない為に先送りになる、あるいは議案そのものが廃案になるケースが優勢のようです。
業者の見積もりで計算すると、「初期費用を、下がる電気代で割ると、全額の償却に10年以上かかる」といった事例です。
弊社では「初期費用0円で、電気代の差額以下の月額支払いで5年償却を実現」する提案をしています。
管理組合様の支出は、今までの電気代の支払額以下の範囲で済むように、共用部のLED照明化を実現し、しかも修繕積立金の取り崩しがありません。


蛍光灯をランプのみLEDに入れ替えたが、予想したほど電気代が下がらない。

蛍光灯のランプだけをLEDに交換した場合ですと、例えば40Wの蛍光灯を17WのLEDに替えれば、単純に23Wの節電になりますが、実際の蛍光灯が32Wであれば15Wの節電です。更に、蛍光灯は器具の内部に必ず安定器を使用しており、安定器を切り離して直結しないと安定器の消費電力分(5W程度)が無駄に使っている事になります。安定器をスルーすれば節電は50%以上になる計算になります。
(注:配線の直結工事は電気工事士の資格が必要です。)
弊社では、まだ使える灯具は無駄にしないで使用する方式を採用、廃棄物の削減と器具代をカットすることで、皆様のムダな支出を抑える事にご協力致します。


常用灯兼用の非常灯をランプだけLEDランプにしたい?

厳密に申しますと非常灯は灯具が消防法で型式認定されたものです。従ってランプだけLEDに入替えは、認められておりません。消防法で認定されたLED灯具に灯具ごと交換することをお勧め致します。


マンション管理組合様向け

LEDへの入れ替えが実質負担0円で!

  1. 初期費用の0円は勿論、機器費と工事費も全て含めて実質0円で入替出来る提案です。
    しかもランプの故障はメーカー保証に関わらず、5年間無償交換の保証付です。
    LED照明に入替して下がった分の電気代から、その8割程度を5年間お支払いいただくだけです。
    (電気代の詳細と事前の調査が必要です。調査によっては多少条件が変わります)

  2. 通常の業者に依頼して、現在使用中の照明をLED照明に入れ替えると、多額の機器費と工事費用がかかります。場合によっては初期費用を償却するのに10年以上かかるという事例もお聞きします。

  3. LED照明の入替を検討されても価格が高くて踏み切れなかったマンション管理組合様は、費用対効果を計算されて先送りされたことと推察いたします。修繕積立金を取り崩して入れ替えることは、組合員の賛同は得にくいものです。

もう少し待てば安くなるから?・・・・・電気代は高いまま支払い続ける事になります。弊社では、綿密な事前調査をした上で、負担ゼロ円でLED照明に入れ替えるご提案を致します。


マンション管理組合様だから出来る「電気代を削減した範囲内で、共用部の照明をLED照明に切り替える」

マンション管理組合の理事の方 / 管理会社担当者の方
今すぐお問い合わせください。