東京で防犯カメラの設置をお考えなら知っておきたい「監視カメラとの違い」

防犯カメラと監視カメラの違いはあるの?

防犯カメラとは、犯罪行為を未然に防ぐために設置するカメラで、高い抑止効果を目的としています。設置場所としては、駅や空港などの交通機関、コンビニ、スーパー、百貨店などの商業施設または人通りの多い場所で目にすることが多いです。

一方の監視カメラは、ある対象となる物や人を記録、または監視するために設置されます。そのため、スピード違反や交通測量、水量計測など測定するために、道路や河川に設置されていることが多いです。

このことから、防犯カメラはあえて目立つように設置されるのに対し、監視カメラはあまり人目に付かないよう設置されることが大きな違いでしょう。ただ、監視カメラも防犯目的を兼ねている部分がありますので、設置場所に多少の違いはありますが、役割としてはそれほど大きな違いはありません。

東京で防犯カメラの設置をお考えなら「ビデオセキュリティサービス」

東京で防犯カメラの設置をお考えでしたら、「ビデオセキュリティサービス」にお問い合わせ下さい。防犯カメラの機器・設置・価格・アフターフォローなど、どの点においても業界NO.1を目指したサービスを提供しています。もちろん、初期費用・お見積もりは無料です。

アナログの防犯カメラで使用したケーブルをそのままに、ハイビジョンの高画質システムへ移行が出来ます。是非、東京の江戸川区・北区・足立区・江東区など、都内のアミューズメント業界の方は、この機会に防犯カメラの導入をご検討してみて下さい。

 

防犯カメラは東京の葛飾区にある「ビデオセキュリティサービス」にお任せ!

防犯カメラは東京の葛飾区にある「ビデオセキュリティサービス」にお任せ下さい。
お客様の情報と現地調査を基に、専門のスタッフが納得の提案をさせて頂きます。

防犯カメラの導入は、1日150円で始めることが可能です。
特に、フルハイビジョンカメラは驚きの高画質で、ご利用になったお客様から高評価を頂いています。